あせとせっけん 女性向け

あせとせっけん1巻のネタバレと感想【多汗女子が嗅がれまくる!】

更新日:

あせとせっけん 1巻 ネタバレ
あせとせっけん

 

こんにちわ!こんばんわ!
コミブロ管理人のRINです。

 

今回は、
電子書籍サイトでも人気の漫画
『あせとせっけん』を読んでみたので、
ネタバレをはさみつつ
感想を書いてみようと思います。

 

まずは、
『あせとせっけん』のあらすじはこんな感じ。

 

女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤めるOL・八重島麻子(やえしまあさこ)は、重度の汗っかきなのがコンプレックス。デオドラント製品が手放せない生活の中、ある日、商品開発部の名取香太郎(なとりこうたろう)に、「君の体臭は素晴らしい! 新商品の石鹸開発のため、これから毎日、君のにおいを嗅ぎに来ます!」と言われてしまう。でも、においを嗅がれるのは、そんなに嫌でもなくて…。

引用元:まんが王国

主人公の八重島は女子なのに多汗症という
なんとも悲劇的なコンプレックスの持ち主です。

 

普通ならば、
そんなコンプレックスを持っていたら
絶対的に他人に体臭を嗅がれるのを
なんとか阻止しようと思いますが・・・。

 

八重島もそんな思いを持った女子でしたが、
ある男性との出会いで生活が一変します。

 

あせとせっけんは
まんが王国でたっぷりと
無料の試し読みができます。

 

あせとせっけんは
600ポイントが必要なのですが、
少しづつ読みたいって方は
1巻100ポイントの分冊版がおすすめです!

 

試し読みは無料ですよ!

 

▽    ▽    ▽

 

 

あせとせっけん1巻のネタバレ

女性に絶大な人気を誇る
化粧品とバス用品メーカーに勤める
株式会社リリアドロップ。

 

その会社に勤務する
八重島麻子(やえしま あさこ)26歳は
小さな頃から多汗症
「汗子」というあだ名まであった。

 

そんな麻子は
会社に出社すると
必ずトイレで
体臭と汗対策を行っていた。

 

そんな朝の日課をこなしつつ
麻子は会社の夏の新商品が
販売されるのを心待ちにしていた。

 

(夏の新商品のせっけん・・!)
(早く社割販売始まらないかなぁ・・)

 

社内に飾ってあった
新商品のせっけんを眺めながら
麻子は幸せに浸っていた。

その時だった。

 

麻子のニオイに反応する人物があった。

 

クンクンクン・・・。

 

「ちょっと失礼」

 

突然に接近して
麻子の首元のニオイを嗅ぎ出す男性。

 

血の気が引く麻子。

 

「なっ・・なん、なんですか!?」

 

後ずさりする麻子に男性が答える。

 

「あやしい者じゃありません」

 

話を聞くと彼は
同じ会社の商品開発部にいるプランナーで
名取香太郎(なとり こうたろう)というらしい。

 

「今、君のにおいにビビッときた・・!」
「もっとじっくり嗅ぎたいので・・」
「少々お時間頂けますか?」

 

突拍子もないことを言い出す名取。

 

「い・・頂けません!!」

 

麻子はそういうと
ダッシュで逃げ去った。

 

(変態だ・・!!)
(しかもニオイを嗅がれてしまった!)

 

麻子がニオイケアに
トイレに向かう途中に
追いかけてきた名取に捕まってしまう。

 

「悪いようにはしません!」
「嗅ぐだけです!」

 

名取は麻子を担ぐと
ダッシュで連れ去った。

 

そして、
誰もいない部屋に行くと
名取は壁際に立った麻子の首元を
嗅ぎ始めた。

 

(わーーーーーーーーーーっ!!)

 

麻子は
ニオイを嗅がれたショックで
泣いてしまう。

 

「わ、わたしのニオイでさぞご不快な思いをされたと存じますが・・」
「どうか命だけはお助け下さい・・」

 

麻子は、
オロオロと泣きながら名取に訴えた。

 

「えっ!」
「すみません、泣かせるつもりは・・・」
「というか」
「あなたは決して不快なニオイなんかじゃありません」

 

名取が弁解する。

 

「むしろめちゃくちゃいい匂いです!」
「俺はそのニオイの元が知りたい!!」

 

「ニオイのもと?」

 

名取は冷静に分析している様だった。

 

「うちが出してるせっけん使ってくれてますよね?」

 

そう言うと、
名取は販売された時期や商品名まで言い当てた。

 

「どうしてそれを・・!?」

 

驚く麻子に名取は

 

「鼻が利くんですよ、俺」

 

鼻が利く名取はさらに
自社で出している商品以外の商品名を
次々に言い当てていった。

 

(全部当たっている・・・)

 

麻子は名取の鼻の良さに
ただただ驚く。

 

どうやら名取は
最近出しているせっけんは全部自分が
プランニングしているという。

 

しかし、
冬の新作のプレゼンが
間近に迫っているのにもかかわらず
まだ何のコンセプトも
決められていないと言う。

 

麻子は自分が大好きなせっけんを
作っているのが目の前にいる名取だと知る。

 

そんな麻子の想いをよそに
名取は考え込んでいた。

 

「しかしおかしいな・・・」
「最初に嗅いだ君のニオイと・・」
「今嗅いだニオイが微妙に違う・・」

 

麻子は自分の汗のニオイが
してきてしまったのではないかと
不安になった。

 

「も、もしかして人違いなのでは?」
「ロビーには人が沢山いましたし・・」

 

麻子は言い訳しようとするも
名取は自分の鼻の良さに絶対的な自信を持っていて
感じたニオイの違いは
テイストの違いで根本は同じだと言う。

 

「これはつまり・・」
「君の体臭が素晴らしいってことですよね!?」

 

名取の迫力に麻子もタジタジになりながら

 

「いっ言っている意味がわかりません・・!!」

 

「くそっ」
「ミーティングの時間だ・・」

 

名取が悔しそうに言うと
麻子の社員証を確認する。

 

「・・経理部、八重島 麻子さん」
「俺はあなたのニオイを嗅ぐと・・」
「すごくインスピレーションが湧きます」
「新作のアイデアも浮かぶかもしれない!」

 

名取が麻子の肩を両手で掴むと
少し興奮した様子で麻子に懇願する。

 

「どうしても最初に嗅いだあのニオイがもう一度嗅ぎたい!」
「会社のためです!!」
「これから1週間・・・」
「俺は君のニオイを嗅ぎに来ます!!」

 

これをきっかけに
麻子の生活が一変する。

スポンサーリンク

あせとせっけん1巻を読んだ感想!

八重島麻子は
大人しそうな雰囲気ですが
見た目は可愛らしい女性です。

 

そんな女性が
多汗症体臭を気にするって
可愛そうな女性です。

 

しかし、
名取という男性社員に出会ってからは
麻子は少し迷惑そうにしても
どこか名取に心を許していく感じが
恋に発展しそうでいい感じです!

 

とはいえ、
社内で男性社員が女性社員の
ニオイを嗅ぐだけでも
一発セクハラになりそう・・。

 

そこが漫画の都合のいいところですね!

 

今後の名取と麻子の行方に注目です!

 

この続きは
まんが王国の試し読みでも
読むことが出来ますよ!

 

無料で簡単に読めちゃうので
気になった方は是非読んでみて下さいね!

 

安価な分冊版もあるので
少しづづ読んでいきたい方は
あせとせっけんの分冊版がおすすめ!

 

スマホでサクッと読めます。

 

▽   ▽   ▽

 

 

あせとせっけん2巻はこちら▽

>>あせとせっけん2巻のネタバレと感想

 

 

 

 

スポンサーリンク

-あせとせっけん, 女性向け
-, , , ,

Copyright© Comiblo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.