サスペンス 君が僕らを悪魔と呼んだ頃

君が僕らを悪魔と読んだ頃6巻 57話のネタバレと感想【運命か?】

更新日:

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 6巻 ネタバレ
君が僕らを悪魔と呼んだ頃6巻ネタバレ

 

こんにちわ~こんばんわ!
コミブロ管理人のRINです!

 

今回のネタバレ記事は
君が僕らを悪魔と呼んだ頃6巻の
ネタバレを書いていこうと思います。

 

物語はあれから10年後。
悠介がフラッと立ち寄る
ラーメン店から始まります。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃5巻のネタバレはこちら

君が僕らを悪魔と呼んだ頃5巻
君が僕らを悪魔と呼んだ頃5巻 45話のネタバレと感想【一ノ瀬と再会】

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 5巻 ネタバレ   どうも!こんにちわ! コミックブロガーのRINです。   君が僕らを悪魔と呼んだ頃も 5巻に突入です。   悠介の記憶も 時 ...

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃は
無料の試し読みがおすすめです。

 

>>無料試し読みはこちら<<

 

10年後の悠介は
どんな生活をしているのでしょうか?

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃6巻 57話のネタバレ

立ち寄ったラーメン店で
ひとりラーメンをすする悠介。

 

ひげは生やしっ放しで
髪の毛もボサボサ。
汚い服装の悠介は、
まさにホームレスだった。

 

ラーメン店のテレビには
ニュースが流れていた。

 

ニュースの内容は
山梨県の廃校舎から
白骨化した死体が発見されたとの事。

 

悠介「そっか・・やっと見つかったか」

 

ぼそっと呟く悠介。

 

ラーメンを完食し
会計をしようとした時、
お金が足りない事に気付く。

 

悠介「・・すんません・・お金が・・足りない・・」

 

会計が320円に対して
悠介の持ち金は270円。

 

50円を100円と勘違いしたようだ。

 

悠介「足りない分は働いて返します」

 

店の手伝いを願い出る悠介。

 

店員「・・わかりました」
店員「足りない分は私が立て替えておきますので」

 

まさかの店員の申し出に驚くが、

 

悠介「へ?いや・・でも・・」

 

半ば強引な店員の申し出に
甘える事になった悠介。

 

店員の名前は、藤森茜。

 

茜は兄と妹と3人暮らし。

 

3人は、亡くなった母親の再婚相手の義父から
DVを受けて逃げ隠れていた。

 

ある日、
兄の藤森蒼志が帰宅すると
茜を犯そうとする義父がいた。

 

蒼志が止めに入ると
ナイフをちらつかせる義父。

 

妹は混乱の中
逃げ出し助けを求め走った。

 

転んで泣いてしまった妹の縁に
手を差し伸べる悠介の姿があった。

スポンサーリンク

君が僕らを悪魔と呼んだ頃6巻 57話の感想

君が僕らを悪魔と呼んだ頃6巻では、
悠介の10年後の姿には驚きました。

 

ネタバレ書きつつも
悠介老けすぎっ!
とツッコミたくなりました。

 

6巻で新たに出会った
藤森兄妹ですが、
悠介は茜達を助けるのでしょうか?

 

茜の義父の狂いっぷりには
ドン引きです。

 

悠介も大人になったはずなので
あの悪魔と呼ばれた頃のように
酷い事はしないと思いますが・・。

 

今後の悠介と茜達兄妹との
関わり合いが気になりますね。

 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃は
無料の試し読みができるので
気になったら是非利用してみて下さいね!

 

登録不要ですぐに読めちゃいます。

 

▽無料の試し読みはこちら▽

 

 

本ページの情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-サスペンス, 君が僕らを悪魔と呼んだ頃
-, , , ,

Copyright© Comiblo , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.